パチンコ フェニックス 姫路

パチンコ フェニックス 姫路

Bloggerの推奨事項:

ここまでお付き合い頂き、誠に有り難うございます

読返しはこれにて完結です

あなたも好きかも:オンラインカジノ 求人
ティアーノもといメレオラは、別作では教師をしていますが、誰かに司書の座を譲ってからも定期的に帰省しています

『黄泉返り』と『読み返し』の二語と、昔の設定資料や三話の関連から書こうと思った話です(半ば思いつき)

あなたも好きかも:アスカ パチンコ 埼玉
方舟は、リョフ山麓南部の開けた場所に着地していた

セツナたちがリョハンに戻ってきたときは断崖に接舷し、橋を渡したものだが、さすがに常時滞空しているわけにはいかなかったのだ

接舷し、滞空するということは方舟を稼働し続けなければならないということであり、それはつまるところ、動力源たる女神に負担をしいるということだ

女神にとっては大したことではないらしいが、だからといって、常に負担をかけるものでもあるまい

ということで、方舟は空中都ではなく、山麓に降ろされることになったのだ

 その日、大陸暦五百六年四月九日は、セツナ一行の出立を翌日に控えたこともあってか、方舟の周りには人集りができていた

あなたも好きかも:ドラゴン パチンコ 台
単純に方舟を一目見たいと集まった市民もいれば、方舟に長旅のためのさまざまな物資を運び入れるべく、リョハンの各所より集まった役人たちもいる

 そういったひとたちの様子を眺めながら、セツナは、リョハンで過ごす最後の一日を実感していた

セツナは、明日にもこの地を旅立つことにしている

ミリュウたちの身柄を確保し、リョハンに帰還してから約三日後のことだ

ミリュウやレムにいわせれば、もっとゆっくりしてもいいはずだろうが、そういうわけにもいかなかった

リグフォードたちを待たせている

彼らのことだ

いつまででも待ってくれるだろうが、帝国の事情もある

気が気ではないだろうし、セツナ自身、ニーウェのことが気にかかってもいた