武蔵溝ノ口 ぱちんこ

武蔵溝ノ口 ぱちんこ

Bloggerの推奨事項:

だから、次は考えなしに突っ込んでくるんじゃないよ?」「わ、分かっているよ!! ……これは貸しにしておくわ」「いや、貸し借りとかどうでもいいし、恩義とか感じなくていいよ

そういう生き方はカッコいいかもしれないけど窮屈だろ? 俺は大したことしてないんだしさ

――んじゃ、次はオウロウ様だ」「〝結晶よ、水晶の槍となって、放たれよ〟――〝結晶大魔槍(クオーツランス)〟」 聞いたことがない魔法だな

【水晶魔法】……あれか? もしかしなくても異世界の魔王を自称する混魔族(ディーマン)が主人公のラノベに登場するフクロウに似た魔族のとのと同種か

「見たことがない魔法だな」「そうでしょうね

これは私だけの魔法でございますから」 つまりは、固有魔法(オリジン)……しかも【水晶魔法】は自分しか使えないから無詠唱で隠す必要がないということか

「分かりました

あなたも好きかも:パチンコ 0 2
オウロウ様、貴方は【水晶魔法】だけで倒すとしましょう」「ふっ……何を言い出すかと思えば

この魔法は私だけのもの、例え草子様でも使えますまい

あなたも好きかも:八戸駅 パチンコ
〝結晶よ、無数の水晶の礫となりて、放たれよ〟――〝結晶大魔散弾(クオーツショット)〟」 水氷●魔散弾(アイシク●ショット)の結晶バージョンというところか? あっちのオウロウかと思ったら別の体系っぽいな

「〝結晶よ、無数の水晶の礫となりて、放たれよ〟――〝結晶大魔散弾(クオーツショット)〟」「なっ……まさか、〝結晶大魔散弾(クオーツショット)〟に〝結晶大魔散弾(クオーツショット)〟をぶつけて的確に撃ち落とすとは

一体どんな計算をしたら……」 ……う〜ん、そんなに驚くことかね? この程度スキルを使うまでもなく計算できるようになっているけど……あれ? もしかして究極挙動や不可視だけじゃなくて、演算スキルの計算力も少しずつ体得できているのかな?「まだです!! 〝轟く雷鳴よ、輝く雷霆よ、降り注いで焼き払え〟――〝霹靂領域《セレスティアル・サンダー》〟」 おっ、と……ちょっと危険だったな

まあ、ギリギリのところで【疾走ノ王】を使って回避したけど

 さて……

「〝結晶よ、砕け散りて、広がりて、切り裂け〟――〝ダイアモンド・ダスト〟」「な、何を…………そん、なっ、ま、さ、か!? ぐ……はっ……」 オウロウ撃破

自分だけの【水晶魔法】――きっと極めていただろう魔法にまさかこんな使い方があるとは考えないよな